日本でもカジノを作りたいと思っている場合、
現在は法律で違反とされているため、法律の改正をしなければなりません。

ここで出てきているのが、カジノ法案と呼ばれるものです。
カジノを作るために必要な物を変えて、カジノを開いても
良いようにする法律を作るのです。

しかし、カジノ法案を出すような動きは出ているものの、
結局出さないまま止まってしまっているのが現状にはあります。

その理由として、地方自治体は要望しているところもありますが、
可決する見通しが立たないことや、色々な状況が原因となっている部分もあります。

他の法案を酒に審議しなければならないために、
現時点で国会の日程が合わなかったり、
様々な自然災害の予算を先に通していることから、
カジノ法案を審議できるほどの余裕が生まれていないことが問題にあります。

それでも可決することが必要だと思われており、そのための準備はされています。
オンラインカジノを利用してプレイしている方が、実際にカジノを利用できる状況になるかもしれません。

しかし動きが鈍くなっており、なかなか状況として進んでいないことが現状にあるので、
どうやって可決するのかの見通しを作らなければならないことも事実です。

通る見通しが強い

現在の国会ではカジノ法案はダメでしたが
それでもまだまだ諦めているわけではないみたいですね。
オリンピックまでまだ三年もあるわけですからぜひとも
通して欲しいところですね。

珍しいところではスロットやパチンコなどの
規制がどんどん厳しくなっていることから
パチスロを排除してカジノに集中させようと
しているのではないかという意見すら出てきてます。

現在のパチスロはいちユーザーとして
本当に面白くないですし、出玉もひどいものですので
本当にやめさせようしているのではないかと思うほどです。

カジノが日本でできるメリットはおおきな
ものですのでこれは日本の未来のためにも
絶対に通し欲しいものです。